美しい『箸使い』で、日本食をもっと楽しもう!

【 目次 】和食に欠かせない、「お箸」を上手に使おう正しい持ち方を覚えると、食べ物もつかみやすいやってはいけないお箸の使い方とは? 和食に欠かせない、「お箸」を上手に使おう 日本食は、今や海外にも多くのレストランができるほど、世界中で人気となっていますね。 和食を食べるのに必要となるのが、お箸です。日本では、大人になってもお箸が正しく使えないと、「恥ずかしい」「きちんと躾されていない」と見られることもあります。 お箸に慣れていない海外の方でも、ちょっとしたコツでお箸が上手に使えるようになります。そうすると食事の所作も美しくなり、和食をもっと楽しめますよ。 正しい持ち方を覚えると、食べ物もつかみやすい お箸は、真ん中よりも少し上の位置を持ちましょう。バランスがよく、美しく見えます。 1本目の箸は、ペンを持つように持ちます。これが上側の箸になります。2本目の箸をその下に入れ、親指の付け根で挟み、薬指で支えます。上の箸だけを動かすように練習してみてください。 箸がクロスしないように気を付けてくださいね。 やってはいけないお箸の使い方とは? お箸の使い方には、タブーがいくつかあります。というより、いくつもあります。日本人でもそれを全て理解している人は少ないでしょう。 ここでは、最低限押さえておきたい、代表的なものをご紹介しますね。 ■ねぶり箸 箸に残った食べ物を口に入れてなめること お行儀が悪い、と子供がよく親に怒られる使い方です ■箸渡し 箸と箸を使って、食べのもの受け渡しをすること これは、火葬の後で死者の骨を拾うときにのみ行う動作なので、絶対にやってはいけません ■刺し箸 食べ物を箸でつままず、突き刺して取ること お箸に慣れないうちは、思わずやってしまいたくなりますね・・・ ■迷い箸 箸を持ったままあちこちの皿の上を動かすこと どれにしようかな~と迷うあまり、やってしまいがちです。食べるものを決めてから、箸を出しましょう。 いかがですか? 最初は難しく感じるかもしれません。はじめはあまり堅苦しく考えずに、徐々にお箸に慣れていきましょう。

  CULTURE,

ohashi_00


【 目次 】

和食に欠かせない、「お箸」を上手に使おう

日本食は、今や海外にも多くのレストランができるほど、世界中で人気となっていますね。
和食を食べるのに必要となるのが、お箸です。日本では、大人になってもお箸が正しく使えないと、「恥ずかしい」「きちんと躾されていない」と見られることもあります。
お箸に慣れていない海外の方でも、ちょっとしたコツでお箸が上手に使えるようになります。そうすると食事の所作も美しくなり、和食をもっと楽しめますよ。

ohashi_04

正しい持ち方を覚えると、食べ物もつかみやすい

お箸は、真ん中よりも少し上の位置を持ちましょう。バランスがよく、美しく見えます。
1本目の箸は、ペンを持つように持ちます。これが上側の箸になります。2本目の箸をその下に入れ、親指の付け根で挟み、薬指で支えます。上の箸だけを動かすように練習してみてください。
箸がクロスしないように気を付けてくださいね。

ohashi_05

ohashi_06

ohashi_03

やってはいけないお箸の使い方とは?

お箸の使い方には、タブーがいくつかあります。というより、いくつもあります。日本人でもそれを全て理解している人は少ないでしょう。
ここでは、最低限押さえておきたい、代表的なものをご紹介しますね。

■ねぶり箸
箸に残った食べ物を口に入れてなめること
お行儀が悪い、と子供がよく親に怒られる使い方です

■箸渡し
箸と箸を使って、食べのもの受け渡しをすること
これは、火葬の後で死者の骨を拾うときにのみ行う動作なので、絶対にやってはいけません

■刺し箸
食べ物を箸でつままず、突き刺して取ること
お箸に慣れないうちは、思わずやってしまいたくなりますね・・・

■迷い箸
箸を持ったままあちこちの皿の上を動かすこと
どれにしようかな~と迷うあまり、やってしまいがちです。食べるものを決めてから、箸を出しましょう。

いかがですか?
最初は難しく感じるかもしれません。はじめはあまり堅苦しく考えずに、徐々にお箸に慣れていきましょう。

ohashi_02

関連記事

AUTHOR

Aquico

Aquico

Editor / Writer

Tadaima Japanを見て、訪日観光客が増えることが私の夢。自分が生まれた大好きな日本を余すこと無くご紹介! ネイルが得意です!