『おいしいお米』の秘密は日本の歴史・生活・自然・知恵にあります。

【 目次 】みんな大好き!お米は日本の食卓に欠かせない主食です品種は300以上!秋は新米の季節です。時代を超えるお米の炊き方。炊飯器も進化しています。 みんな大好き!お米は日本の食卓に欠かせない主食です 日本では、縄文時代(約3,000年前)からお米が作られていました。初夏には雨の季節、また、夏には気温が高くなる日本の気候は、お米づくりに最適です。このため、昔から日本の主食としてお米が食べられているのです。日本のお米の自給率は現在95%を維持しています。 そして、お米はどんなおかずにも合うんですよ。日本のホテルや旅館などでは、納豆、焼き魚、味噌汁、漬物、のりなど、いろいろな組み合わせが楽しめます。 品種は300以上!秋は新米の季節です。 日本のお米は品種を改良して、現在300以上の品種が作られています。中でも有名なのは、コシヒカリ、あきたこまち、ひとめぼれでしょう。特に、日本穀物検定協会の6つの評価で(外観、香り、味、粘り、硬さ、総合評価)、25年間連続「特A」と認定されたのは魚沼産コシヒカリです。新潟県にある魚沼市は盆地のため昼夜の温度差が大きく、お米が実る時期の平均気温が24℃と最適温度で、さらにミネラルが含まれている雪解け水を使っているため、お米づくりには最適な環境なのです。 秋は新米の季節です。この時期ならではの旬を楽しんでください。 時代を超えるお米の炊き方。炊飯器も進化しています。 電気炊飯器がない時代は、手間をかけて土鍋でご飯を炊いていました。現代では、電気炊飯器が多いですが、まるで土鍋で炊いたようにおいしいお米ができるという炊飯器も売られています。日本の電気店では、海外でも使える炊飯器を販売しているところもあります。お土産として持って帰る旅行者も多いです。詳しくは電気店の方に聞いてみて下さいね。もしかしたら、あなたの家族のみんなにも日本風のお米を食べてもらうことができるかもしれません。

  FOODS & DRINKS,

kome00


【 目次 】

みんな大好き!お米は日本の食卓に欠かせない主食です


日本では、縄文時代(約3,000年前)からお米が作られていました。初夏には雨の季節、また、夏には気温が高くなる日本の気候は、お米づくりに最適です。このため、昔から日本の主食としてお米が食べられているのです。日本のお米の自給率は現在95%を維持しています。
そして、お米はどんなおかずにも合うんですよ。日本のホテルや旅館などでは、納豆、焼き魚、味噌汁、漬物、のりなど、いろいろな組み合わせが楽しめます。

kome02

品種は300以上!秋は新米の季節です。

日本のお米は品種を改良して、現在300以上の品種が作られています。中でも有名なのは、コシヒカリ、あきたこまち、ひとめぼれでしょう。特に、日本穀物検定協会の6つの評価で(外観、香り、味、粘り、硬さ、総合評価)、25年間連続「特A」と認定されたのは魚沼産コシヒカリです。新潟県にある魚沼市は盆地のため昼夜の温度差が大きく、お米が実る時期の平均気温が24℃と最適温度で、さらにミネラルが含まれている雪解け水を使っているため、お米づくりには最適な環境なのです。
秋は新米の季節です。この時期ならではの旬を楽しんでください。

kome03

kome04

時代を超えるお米の炊き方。炊飯器も進化しています。

電気炊飯器がない時代は、手間をかけて土鍋でご飯を炊いていました。現代では、電気炊飯器が多いですが、まるで土鍋で炊いたようにおいしいお米ができるという炊飯器も売られています。日本の電気店では、海外でも使える炊飯器を販売しているところもあります。お土産として持って帰る旅行者も多いです。詳しくは電気店の方に聞いてみて下さいね。もしかしたら、あなたの家族のみんなにも日本風のお米を食べてもらうことができるかもしれません。

kome05

kome06


kome07

関連記事

AUTHOR

Rei

Rei

Writer

中国は上海からやって来た女忍者のくノ一のレイです。日本のおもしろい記事を世界中の皆様にお届けしまーす! ニンニン!