黄金色の絨毯が広がる『箱根・仙石原ススキ草原』

【 目次 】日本の秋の風物詩、ススキが見頃をむかえます。幻想的なススキ草原へ行ってみよう。Map 日本の秋の風物詩、ススキが見頃をむかえます。 日本では秋になると黄金色に色づいたススキが野原や河川敷に生い茂り、秋の深まりを感じさせてくれます。 ススキと日本人は昔から親しい関係でした。茅葺屋根という屋根を作るための原料や家畜のえさとして生活に欠かせない重要なものだったので、村の近くには「茅場」と呼ばれるススキの為の草原があったそうです。現在では茅場はなくなりましたが、ススキを十五夜に飾る習慣が残っています。 また「秋の七草」とも呼ばれ、秋を代表する植物の1つです。春にも七草がありますが、春の七草はお粥にして食べて味わい、秋の七草は花を見て楽しみます。 昔は生活の重要な資材として、現在は秋の訪れを感じさせてくれる風情豊かな植物として愛されているんですね。 幻想的なススキ草原へ行ってみよう。 箱根の仙石原ススキ草原では広大な敷地に美しいススキが広がります。11月頃には山々の紅葉も見頃となり、黄金色のススキと美しい紅葉のコラボレーションが楽しめます。 ススキ草原では他の雑草が生えてこないように毎年春に野焼きを行い一度すべて焼き払います。広大な敷地の野焼きは大変な作業でが、多くの地域の人たちの協力によって美しい風景が維持されているのです。 優しい秋風に揺れる草原の一本道を歩けば、ノスタルジックな気分で忙しい生活を忘れさせてくれるでしょう。ぜひ幻想的なススキ草原へ足をのばしてみてください。 仙石原ススキ草原へのアクセス 箱根湯本駅から箱根登山バス桃源台線(T路線)約30分「仙石高原」バス停下車すぐ 新宿駅から小田急箱根高速バス「仙石高原」バス停下車すぐ 特別運行バス 運行日 2014年10月4日(土)~11月9日(日) ※土・日・祝日限定 運賃 強羅駅~仙石高原(ススキ草原) 560円 Map

hakonenosusuki00


【 目次 】

日本の秋の風物詩、ススキが見頃をむかえます。

日本では秋になると黄金色に色づいたススキが野原や河川敷に生い茂り、秋の深まりを感じさせてくれます。
ススキと日本人は昔から親しい関係でした。茅葺屋根という屋根を作るための原料や家畜のえさとして生活に欠かせない重要なものだったので、村の近くには「茅場」と呼ばれるススキの為の草原があったそうです。現在では茅場はなくなりましたが、ススキを十五夜に飾る習慣が残っています。
また「秋の七草」とも呼ばれ、秋を代表する植物の1つです。春にも七草がありますが、春の七草はお粥にして食べて味わい、秋の七草は花を見て楽しみます。
昔は生活の重要な資材として、現在は秋の訪れを感じさせてくれる風情豊かな植物として愛されているんですね。

hakonenosusuki02

幻想的なススキ草原へ行ってみよう。

箱根の仙石原ススキ草原では広大な敷地に美しいススキが広がります。11月頃には山々の紅葉も見頃となり、黄金色のススキと美しい紅葉のコラボレーションが楽しめます。
ススキ草原では他の雑草が生えてこないように毎年春に野焼きを行い一度すべて焼き払います。広大な敷地の野焼きは大変な作業でが、多くの地域の人たちの協力によって美しい風景が維持されているのです。
優しい秋風に揺れる草原の一本道を歩けば、ノスタルジックな気分で忙しい生活を忘れさせてくれるでしょう。ぜひ幻想的なススキ草原へ足をのばしてみてください。

仙石原ススキ草原へのアクセス
箱根湯本駅から箱根登山バス桃源台線(T路線)約30分「仙石高原」バス停下車すぐ
新宿駅から小田急箱根高速バス「仙石高原」バス停下車すぐ
特別運行バス
運行日
2014年10月4日(土)~11月9日(日)
※土・日・祝日限定
運賃
強羅駅~仙石高原(ススキ草原) 560円

hakonenosusuki03


Map

関連記事

AUTHOR

Yumiko

Yumiko

Writer

栃木県生まれ、フリーランス映像作家。東南アジアのサブカルチャー好き。世界中の人が日本に来たくなる情報をお届けします。

Information

Address 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原