生魚料理が苦手な人にオススメしたい、千葉県の郷土料理『なめろう』

【 目次 】「なめろう」で生魚嫌いを克服しようマナー違反なのはわかっているけど……実は漁業が盛んな千葉県で、絶品の魚料理を食べよう 「なめろう」で生魚嫌いを克服しよう 「日本食は好きだけど、生魚だけは苦手」という方は多いのではないでしょうか。そんな方に是非ともチャレンジしてほしい料理があります。千葉県の郷土料理「なめろう」です。 どんな料理かというと、青魚などを粘り気が出るまでたたき、薬味や調味料と絡めたものです。「たたく」という調理法は、まな板の上で包丁を使って文字通り叩いてミンチ状にすることをいいます。たったこれだけの料理です。 ミンチ状にしてから薬味や調味料と混ぜることで、生魚特有の臭みをうまく消すことができます。代表的な生魚料理である刺身や寿司と違い、味の調整がしやすいことも、特徴のひとつといえるでしょう。生魚がダメな人にとって、非常に敷居の低い料理なのです。 マナー違反なのはわかっているけど…… 「なめろう」という名前の由来は「lick」を意味する「舐める(nameru)」ともいわれています。地域によりますが、食事中の舐めるという行為は、マナー違反という地域も多いのではないでしょうか。日本でも舐めることは、行儀の悪いこととされています。 「なめろう」は、舐めることがマナー違反の日本において、それでもお皿を舐めたくなるほど美味しい料理なのです。それほど食べると病みつきになってしまう料理というわけです。 実は漁業が盛んな千葉県で、絶品の魚料理を食べよう 三方を海に囲まれた千葉県は、漁業の非常に盛んな県です。イワシやスズキなどの生産量は全国1位を誇ります。鮮度が命の「なめろう」が生まれたのは、こうした背景があったのです。大都会・東京のすぐ隣に位置しているので、意外に思われる方も多いかもしれませんね。 そんな千葉県には「なめろう」を食べることのできる飲食店がたくさんあります。お酒との相性は抜群ですので、日本酒を飲まれる方はぜひともチャレンジしてほしいと思います。お店で食べるさいは、お皿を舐めまわさないように注意してください。

namero00


【 目次 】

「なめろう」で生魚嫌いを克服しよう


「日本食は好きだけど、生魚だけは苦手」という方は多いのではないでしょうか。そんな方に是非ともチャレンジしてほしい料理があります。千葉県の郷土料理「なめろう」です。
どんな料理かというと、青魚などを粘り気が出るまでたたき、薬味や調味料と絡めたものです。「たたく」という調理法は、まな板の上で包丁を使って文字通り叩いてミンチ状にすることをいいます。たったこれだけの料理です。
ミンチ状にしてから薬味や調味料と混ぜることで、生魚特有の臭みをうまく消すことができます。代表的な生魚料理である刺身や寿司と違い、味の調整がしやすいことも、特徴のひとつといえるでしょう。生魚がダメな人にとって、非常に敷居の低い料理なのです。

マナー違反なのはわかっているけど……


「なめろう」という名前の由来は「lick」を意味する「舐める(nameru)」ともいわれています。地域によりますが、食事中の舐めるという行為は、マナー違反という地域も多いのではないでしょうか。日本でも舐めることは、行儀の悪いこととされています。
「なめろう」は、舐めることがマナー違反の日本において、それでもお皿を舐めたくなるほど美味しい料理なのです。それほど食べると病みつきになってしまう料理というわけです。

実は漁業が盛んな千葉県で、絶品の魚料理を食べよう

三方を海に囲まれた千葉県は、漁業の非常に盛んな県です。イワシやスズキなどの生産量は全国1位を誇ります。鮮度が命の「なめろう」が生まれたのは、こうした背景があったのです。大都会・東京のすぐ隣に位置しているので、意外に思われる方も多いかもしれませんね。
そんな千葉県には「なめろう」を食べることのできる飲食店がたくさんあります。お酒との相性は抜群ですので、日本酒を飲まれる方はぜひともチャレンジしてほしいと思います。お店で食べるさいは、お皿を舐めまわさないように注意してください。

namero02

関連記事

AUTHOR

Kenichiro Asai

Kenichiro Asai

Writer

気が付いたらライターになっていた流浪人。普段は塾講師として中学生を教えている。