秋空に浮かぶ美しい月に豊作を祈願し、感謝をささげます『お月見』

少し肌寒い秋。夜空を見上げ、美しく浮かぶ月を愛でませんか 秋は、秋雨の影響で空気が澄み、夜空に浮かぶ月が一番美しく見える季節です。 日本では9~10月、収穫を祈願、感謝し、月を崇める「お月見」という習慣があります。お月見は、主に「十五夜」(旧暦8月15日)と「十三夜」(旧暦9月13日)に行います。「十五夜」は「中秋の名月」ともいいます。月を崇める習慣は世界各国でありますが、「十五夜」だけでなく、「十三夜」にもお月見をするのは日本独特の風習です。どちらか一方の月しか見ないと、縁起が悪いと言われたそうです。 お月見では、月が出てくる方向にお供えものをします。「十五夜」では、芋類の収穫を想いサトイモやさつまいもを、「十三夜」では、栗や豆類の収穫を想い栗や枝豆を供えます。 また、満月のように丸い月見団子と魔除けの力があるとされるススキも供えます。お供えの月見団子は、お月見が終わったら、食べて良し。食べることで健康と幸せが得られると言われています。 豊作祈願と感謝するためのお月見。現代では、昔のようにお供えをしたり、「十五夜」「十三夜」両日ともお月見をするひとは、多くないでしょう。ですが、この時季の日本は、夏の暑さから解放され、秋の涼しさを気持ちよく肌で感じる絶好の季節です。 外にでて澄んだ空気を感じ、秋空に浮かぶ美しい月をのんびり愛でてみましょう。お月見をすることで、もっとも気持ちの良い季節を静かに感じることができます。 【2014年から3年間の「十五夜」「十三夜」】 「十五夜」/「十三夜」 2014年9月8日/10月6日 2015年9月27日/10月25日 2016年9月15日/10月13日

  CULTURE,


少し肌寒い秋。夜空を見上げ、美しく浮かぶ月を愛でませんか


秋は、秋雨の影響で空気が澄み、夜空に浮かぶ月が一番美しく見える季節です。
日本では9~10月、収穫を祈願、感謝し、月を崇める「お月見」という習慣があります。お月見は、主に「十五夜」(旧暦8月15日)と「十三夜」(旧暦9月13日)に行います。「十五夜」は「中秋の名月」ともいいます。月を崇める習慣は世界各国でありますが、「十五夜」だけでなく、「十三夜」にもお月見をするのは日本独特の風習です。どちらか一方の月しか見ないと、縁起が悪いと言われたそうです。

お月見では、月が出てくる方向にお供えものをします。「十五夜」では、芋類の収穫を想いサトイモやさつまいもを、「十三夜」では、栗や豆類の収穫を想い栗や枝豆を供えます。
また、満月のように丸い月見団子と魔除けの力があるとされるススキも供えます。お供えの月見団子は、お月見が終わったら、食べて良し。食べることで健康と幸せが得られると言われています。

豊作祈願と感謝するためのお月見。現代では、昔のようにお供えをしたり、「十五夜」「十三夜」両日ともお月見をするひとは、多くないでしょう。ですが、この時季の日本は、夏の暑さから解放され、秋の涼しさを気持ちよく肌で感じる絶好の季節です。
外にでて澄んだ空気を感じ、秋空に浮かぶ美しい月をのんびり愛でてみましょう。お月見をすることで、もっとも気持ちの良い季節を静かに感じることができます。

【2014年から3年間の「十五夜」「十三夜」】
「十五夜」/「十三夜」
2014年9月8日/10月6日
2015年9月27日/10月25日
2016年9月15日/10月13日

tsukimi_02

tsukimi_04


tsukimi_03

関連記事

AUTHOR

Mimu

Mimu

Writer

映画大好き、ドライブ大好き、日本大好きの埼玉県民。どんなひとの「ただいま」にも笑顔で「おかえり」と言えるひとになりたい!いざ必勝!