100万本の「彼岸花」が妖しく咲き乱れる、『曼珠沙華の里 巾着田』

【 目次 】ご先祖様に感謝の気持ちを伝える、日本だけの行事「お彼岸」儚く美しい景色は、とても幻想的です100万本の彼岸花が咲き乱れる「巾着田」Map ご先祖様に感謝の気持ちを伝える、日本だけの行事「お彼岸」 仏教では4月と9月下旬の昼と夜の長さがほぼ同じになる日を「彼岸」と言い、あの世とこの世へ繋がる道がもっとも通じやすくなる日と言われています。このお彼岸の時期には「彼岸花(曼珠沙華」」という美しい赤い花を日本全国で見ることができます。 儚く美しい景色は、とても幻想的です 秋の彼岸の時期に咲くことやお墓の周りに植えられることが多いので、「死人花」「幽霊花」とも呼ばれ、その名の通り、咲く姿はどこか不気味で妖しくもあります。 まっすぐに伸びた茎に鮮やかな花だけがついていて、葉は見あたりません。花が終わってから葉が出てくるのです。しかも1日に10cm近くも茎が伸び、瞬く間に50センチ位になり、1週間ほどで花も茎も枯れてしまいます。そんな儚さがよりいっそう美しさを際立てます。 100万本の彼岸花が咲き乱れる「巾着田」 そんな彼岸花を見られる場所は、埼玉県の巾着田です。 ここでは100万本の彼岸花が咲き乱れ、この世のものとは思えない荘厳な景色をみせてくれます。この時期に日本に来られる方はぜひ彼岸花の妖しい美しさに触れてみてください。 「巾着田曼珠沙華公園」 営業時間:8時30分~17時15分 入場料:300円 Map

  DESTINATIONS, 埼玉,

higanbana01


【 目次 】

ご先祖様に感謝の気持ちを伝える、日本だけの行事「お彼岸」


仏教では4月と9月下旬の昼と夜の長さがほぼ同じになる日を「彼岸」と言い、あの世とこの世へ繋がる道がもっとも通じやすくなる日と言われています。このお彼岸の時期には「彼岸花(曼珠沙華」」という美しい赤い花を日本全国で見ることができます。

higanbana04

儚く美しい景色は、とても幻想的です


秋の彼岸の時期に咲くことやお墓の周りに植えられることが多いので、「死人花」「幽霊花」とも呼ばれ、その名の通り、咲く姿はどこか不気味で妖しくもあります。
まっすぐに伸びた茎に鮮やかな花だけがついていて、葉は見あたりません。花が終わってから葉が出てくるのです。しかも1日に10cm近くも茎が伸び、瞬く間に50センチ位になり、1週間ほどで花も茎も枯れてしまいます。そんな儚さがよりいっそう美しさを際立てます。

higanbana05

100万本の彼岸花が咲き乱れる「巾着田」

そんな彼岸花を見られる場所は、埼玉県の巾着田です。
ここでは100万本の彼岸花が咲き乱れ、この世のものとは思えない荘厳な景色をみせてくれます。この時期に日本に来られる方はぜひ彼岸花の妖しい美しさに触れてみてください。

higanbana02


「巾着田曼珠沙華公園」
営業時間:8時30分~17時15分
入場料:300円

Map

関連記事

AUTHOR

Yumiko

Yumiko

Writer

栃木県生まれ、フリーランス映像作家。東南アジアのサブカルチャー好き。世界中の人が日本に来たくなる情報をお届けします。

Information

Address 埼玉県日高市大字高麗本郷125-2
Access 西武池袋線高麗駅下車徒歩約15分