水を撒くだけで体感温度が2度下がる!?伝統的な涼しくなる知恵『打ち水』

環境にやさしい方法で、暑い夏を少しでも快適に過ごす知恵 夏に日本を旅していると、家の前で水をまく人や、濡れた道路を見ることがあるでしょう。それが打ち水です。打ち水とは、道路に水を撒くこと。ただそれだけです。 8月に入り、日本は夏真っ盛り。少し動いただけでも、汗がどっと噴き出るほどの気温が続いています。打ち水は、そんな日本の夏に昔から続く、とてもエコロジーな空気を冷やす方法なんです。 打ち水は、朝晩の時間帯に道路に水を撒いておくと、気化熱により道路の熱が奪われ、涼しくなるという仕組みです。 お風呂の残り湯やたまった雨水などを使うので、環境にも優しいんですよ。 最近の夏は特に気温が高くなり、都会はアスファルトに覆われ、道路も大変熱くなっています。そこで、国や地域などでは打ち水を推奨し、町全体を涼しくしようとする運動が各地で行われています。 また、おうちのベランダに打ち水をしておくと、外から入ってくる風が涼しく感じられますよ。ぜひ日本の伝統的な方法で、夏を涼しく過ごしてみてくださいね。 Old street of evening / BONGURI >川越_涼021 / nakimusi

  CULTURE,


環境にやさしい方法で、暑い夏を少しでも快適に過ごす知恵

夏に日本を旅していると、家の前で水をまく人や、濡れた道路を見ることがあるでしょう。それが打ち水です。打ち水とは、道路に水を撒くこと。ただそれだけです。
8月に入り、日本は夏真っ盛り。少し動いただけでも、汗がどっと噴き出るほどの気温が続いています。打ち水は、そんな日本の夏に昔から続く、とてもエコロジーな空気を冷やす方法なんです。
打ち水は、朝晩の時間帯に道路に水を撒いておくと、気化熱により道路の熱が奪われ、涼しくなるという仕組みです。
お風呂の残り湯やたまった雨水などを使うので、環境にも優しいんですよ。
最近の夏は特に気温が高くなり、都会はアスファルトに覆われ、道路も大変熱くなっています。そこで、国や地域などでは打ち水を推奨し、町全体を涼しくしようとする運動が各地で行われています。
また、おうちのベランダに打ち水をしておくと、外から入ってくる風が涼しく感じられますよ。ぜひ日本の伝統的な方法で、夏を涼しく過ごしてみてくださいね。

uchimizu_02
Old street of evening / BONGURI

uchimizu_03>
川越_涼021 / nakimusi

関連記事

AUTHOR

Aquico

Aquico

Editor / Writer

Tadaima Japanを見て、訪日観光客が増えることが私の夢。自分が生まれた大好きな日本を余すこと無くご紹介! ネイルが得意です!