お酒にもスイーツにも合う健康食『枝豆』は世界でも人気!!

「ビールと枝豆」は日本の夏には欠かせません みなさんの国の和食レストランに「枝豆」はありますか? 2000年頃から日本国外でも人気になり、インターネット検索された和食キーワードでは、1位の「寿司」に次いで、「枝豆」は2位となり、人気の和食として世界に知られるようになりました。 アメリカでは雑誌やテレビで健康食として紹介されたことで注目を集め、スーパーやオーガニックフード店で気軽に入手できるようになったそうです。 日本では枝豆はお酒のおつまみとして好まれています。特に暑い夏は「冷たいビールに枝豆」は最高の組み合わせです。 居酒屋では最初にお手拭きと共に「お通し」とよばれるおつまみがでてきますが、枝豆はそのおつまみの定番メニューでもあります。安くお酒が飲める居酒屋は観光客にも人気で、そこで枝豆を食べた人たちがハマっていったというのも世界で認知されるようになったきっかけでもあります。 枝豆は未成熟な大豆を収穫したもので、栄養価が高く、ビタミン・鉄分が豊富です。メチオニンという成分はアルコールの分解を促してくれるので飲み過ぎや二日酔いにも効果があり、ビールのお供というのも実は理にかなった組み合わせです。調理法としては枝豆の濃厚な味をシンプルに楽しむ塩ゆでが定番です。 さやから1つずつ取り出してリズミカルに口に入れていくと、なんだかくせになって止まらなくなってしまいますよね。 また、「ずんだ」という茹でた枝豆を潰してあん状にしたものを使ったスイーツも人気です。宮城県仙台市はずんだの名産地で、餅にまぶしたずんだ餅やシェイク、ケーキ、プリンなど様々な種類のスイーツが販売されています。ずんだのまろやかな口当たりとやさしい甘みはくせになる美味しさなのでぜひ仙台を訪れた際はずんだのスイーツを試してみてください。 Kakei.R/ずんだもち at 仙台 Max Braun/KitKat mit Bohnengeschmack

  FOODS & DRINKS,


「ビールと枝豆」は日本の夏には欠かせません


みなさんの国の和食レストランに「枝豆」はありますか?
2000年頃から日本国外でも人気になり、インターネット検索された和食キーワードでは、1位の「寿司」に次いで、「枝豆」は2位となり、人気の和食として世界に知られるようになりました。
アメリカでは雑誌やテレビで健康食として紹介されたことで注目を集め、スーパーやオーガニックフード店で気軽に入手できるようになったそうです。
日本では枝豆はお酒のおつまみとして好まれています。特に暑い夏は「冷たいビールに枝豆」は最高の組み合わせです。
居酒屋では最初にお手拭きと共に「お通し」とよばれるおつまみがでてきますが、枝豆はそのおつまみの定番メニューでもあります。安くお酒が飲める居酒屋は観光客にも人気で、そこで枝豆を食べた人たちがハマっていったというのも世界で認知されるようになったきっかけでもあります。
枝豆は未成熟な大豆を収穫したもので、栄養価が高く、ビタミン・鉄分が豊富です。メチオニンという成分はアルコールの分解を促してくれるので飲み過ぎや二日酔いにも効果があり、ビールのお供というのも実は理にかなった組み合わせです。調理法としては枝豆の濃厚な味をシンプルに楽しむ塩ゆでが定番です。
さやから1つずつ取り出してリズミカルに口に入れていくと、なんだかくせになって止まらなくなってしまいますよね。
また、「ずんだ」という茹でた枝豆を潰してあん状にしたものを使ったスイーツも人気です。宮城県仙台市はずんだの名産地で、餅にまぶしたずんだ餅やシェイク、ケーキ、プリンなど様々な種類のスイーツが販売されています。ずんだのまろやかな口当たりとやさしい甘みはくせになる美味しさなのでぜひ仙台を訪れた際はずんだのスイーツを試してみてください。

edamame_04

edamame_02

edamame_05
Kakei.R/ずんだもち at 仙台

edamame_06
Max Braun/KitKat mit Bohnengeschmack

関連記事

AUTHOR

Yumiko

Yumiko

Writer

栃木県生まれ、フリーランス映像作家。東南アジアのサブカルチャー好き。世界中の人が日本に来たくなる情報をお届けします。