達磨

「だるま」はなぜ手足がないの? むかしむかし、インドから中国へ仏教を伝えた達磨(だるま)大師という偉いお坊さんがいました。達磨大師は、人々の幸せのために、終日壁に向かって坐禅三昩をして、そういう日々が9年間に立って、手足が腐ってしまい、手足のない「だるま」になってしまったという話でした。 また、神社で売られているだるまの目が入れません。それは、願い事があったら、片目を塗って、成就したら、もう一つの目を塗るという風習です。 そして、「だるま」は何度倒しても起き上がります。「七転び八起き」という意味で、家内安全の願掛けをします。 【writer Rei】 最初に、だるまを見た時、丸くて赤くて、かわいいなと思いましたが、達磨大師の話を聞くと、意味深いと思いました。なぜならば、願いを達成するために、自分の手足がなくなるまで、頑張らないとダメですから。だるまから人々に伝えたいメッセージを感じました。

  GOODS,


daruma02

「だるま」はなぜ手足がないの?

むかしむかし、インドから中国へ仏教を伝えた達磨(だるま)大師という偉いお坊さんがいました。達磨大師は、人々の幸せのために、終日壁に向かって坐禅三昩をして、そういう日々が9年間に立って、手足が腐ってしまい、手足のない「だるま」になってしまったという話でした。
また、神社で売られているだるまの目が入れません。それは、願い事があったら、片目を塗って、成就したら、もう一つの目を塗るという風習です。
そして、「だるま」は何度倒しても起き上がります。「七転び八起き」という意味で、家内安全の願掛けをします。

【writer Rei】

daruma01

最初に、だるまを見た時、丸くて赤くて、かわいいなと思いましたが、達磨大師の話を聞くと、意味深いと思いました。なぜならば、願いを達成するために、自分の手足がなくなるまで、頑張らないとダメですから。だるまから人々に伝えたいメッセージを感じました。

daruma04


daruma03

関連記事

AUTHOR

Rei

Rei

Writer

中国は上海からやって来た女忍者のくノ一のレイです。日本のおもしろい記事を世界中の皆様にお届けしまーす! ニンニン!