エスカレーターの片側通行

エスカレーターの不思議な風景 日本では、エスカレーターに乗る時、左側に乗る人は立ち止まり、右側は歩いて登る人のためにあける習慣があります。そしてそれは、地域によっても違います。東京では右をあけていますが、大阪では左をあけます。不思議ですね。 なぜこのような習慣になったかというと、1970年に大阪で開催された万国博覧会がきっかけと言われています。その時に、欧米標準とされている左側を空ける習慣がもちこまれたようです。万博には外国人観光客がたくさん来たので、欧米に倣ったのかもしれませんね。 【writer Rei】 あなたも、「えー!びっくりだ!」と思うでしょう。 次の言葉は、「すごいな」で、三番目は「不思議だなあ…」でした。 これが私がこの風景を初めて見たときの感想です。 最初は、「なぜこのルールを守らなければならないの?」と理解ができませんでした。 でも、秩序を守る日本人らしい習慣だなとも思いました。 あなたも日本に来て、このルールを体験してみませんか。

  LIFE, 大阪,


escalator02

エスカレーターの不思議な風景

日本では、エスカレーターに乗る時、左側に乗る人は立ち止まり、右側は歩いて登る人のためにあける習慣があります。そしてそれは、地域によっても違います。東京では右をあけていますが、大阪では左をあけます。不思議ですね。
なぜこのような習慣になったかというと、1970年に大阪で開催された万国博覧会がきっかけと言われています。その時に、欧米標準とされている左側を空ける習慣がもちこまれたようです。万博には外国人観光客がたくさん来たので、欧米に倣ったのかもしれませんね。

【writer Rei】

escalator01

あなたも、「えー!びっくりだ!」と思うでしょう。
次の言葉は、「すごいな」で、三番目は「不思議だなあ…」でした。
これが私がこの風景を初めて見たときの感想です。
最初は、「なぜこのルールを守らなければならないの?」と理解ができませんでした。
でも、秩序を守る日本人らしい習慣だなとも思いました。
あなたも日本に来て、このルールを体験してみませんか。

関連記事

AUTHOR

Rei

Rei

Writer

中国は上海からやって来た女忍者のくノ一のレイです。日本のおもしろい記事を世界中の皆様にお届けしまーす! ニンニン!